読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二人の映画に乾杯を

タイトルはMy Hair is Badの「悪い癖」から。

下書き 1件

もうね、本当に君のことなんてどうでもいいんだよ。

 

強がりじゃなくって、本当にね。

私ってさ、ほら、すぐ白黒つけたがるじゃない?だからさ、今もずっと実はもやもやしてて、でもね、もういいんだよ。

 

本当に君のことなんて、どうでもいいんだよ。

結局君のことなんて、好きじゃなかったのかもしれないね。

ずっと犬みたいにお座りして待ってて。

いい子にしてるんだよって、いつまで待たせんだよ。

私は犬じゃないからね、そんなに待てないんだよ。馬鹿みたく涎を垂らして。目の前のご馳走にいつまでも目を輝かせているのも、もう疲れちゃった。

 

いいでしょう?それでも君は。

別にいいと思ってるんでしょう?

 

だったらそれで。はい、じゃあ割り勘ね。

あーああ、死ぬほど馬鹿らしい。

反吐が出る。

 

ダメだったら別の探せばいいや、なんて

そうやって生きてるから妥協した人生になっちゃうんだよ。一生そうして暮らしてなよ。一生そうして、本当に大切なものなんかなくなったって、平気でしょう?また探せばいいじゃない。 

一生そうして死ぬ間際に後悔しなよ。

クダバレ。アーメン。

 

 

________________________

件名:無題

本文:お疲れ様!いつ帰ってくるの〜?

もう、返信くらい頂戴よね( ˊᵕˋ )?

 

END

__________________________

「私たちももう、終わりだね。」